ソリッドワークスの操作方法を解説 SolidWorks 入門 スケッチの手順
スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スケッチに入る前に モデリングの手順解説

モデリング手順

スケッチに入る前に モデリングの手順解説
3次元形状を作成する際の基本的な流れを示します。



1.参照平面を選択

◇予め用意されている3つの参照平面を使用
◇作成されたソリッドボディにある平面を利用
◇新規の参照平面を作成し、それを利用する



2.スケッチを開く

モデリングの手順1


◇参照平面を選択後、スケッチツールバーのスケッチボタンを押し、スケッチ断面作成モードに入る。
参照平面選択状態でスケッチコマンドのいずれかを起動しても同じモードに入ることもできます。



3.スケッチ断面形状を作成(2次元断面)

◇直線、円、円弧などの要素を使いスケッチを作成します。

モデリングの手順2


◇寸法や幾何拘束を追加し、形状を確定する。


4.作成したスケッチを選択し、フィーチャーを作成します。

押し出し、回転、スイープロフト等のフィーチャーを用いて3次元形状を作成します。

◇フィーチャーにより使うスケッチの枚数や作り方のルールが異なります。

フィレットシェル、抜き勾配はスケッチを用いず直接モデルに指示をします。



基本的には 1~4 のステップを繰り返していきます。

これによりカットやボスを追加して、詳細なモデルを作成します。

基本操作としてのモデリングは、2Dスケッチが元となります。

スポンサーサイト
スポンサードリンク



テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

カテゴリ
スポンサードリンク
役立サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。