ソリッドワークスの操作方法を解説 SolidWorks 入門 スケッチ平面の設定
スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スケッチ平面の設定を解説します。

スケッチ平面の設定を解説します。

ソリッドワークスではスケッチをする前に、

スケッチ平面を設定しなければなりません。


これは3次元CAD特有で、2次元CADにはない考え方です。

今までオートCADやDWGなどの2次元CADをされていた方は

少し戸惑うかもしれませんが、この考え方に慣れてしまえば

3次元の設計CADも使いこなせます。



始めに基準面とする参照平面は、正面、平面、右側面の3つが用意されています。

どの面を基準にするかで、モデルの概観がかわり作業効率や印刷にも影響するので要注意です。

また、それぞれの参照平面は無限に広がっており、原点を通過し、互いに直角です。


スケッチ平面1


スケッチ平面2



等角ビューにした時に、特徴のある面や作業の多い面が手前に来るようにイメージしてモデリングを始めます。

スポンサーサイト
スポンサードリンク



テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

カテゴリ
スポンサードリンク
役立サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。