ソリッドワークスの操作方法を解説 SolidWorks 入門 2010年12月
スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク



スポンサードリンク



直線と中心線のスケッチ方法解説

直線・中心線の描き方

3次元形状を作成するために必要な、スケッチツールの使用方法を確認します。

新規パーツファイルに基本スケッチを作成しましょう。


スケッチツール1


スケッチのマウス操作

スケッチ編集モードにする方法を紹介します。いずれか一つの操作を行います。



◇スケッチ面を選択して (スケッチ)をクリック
スケッチツール2


◇スケッチ面を選択して、メニューバーのツール → スケッチを選択

◇スケッチ面を選択して、スケッチ類のコマンドのどれかを起動



①.直線

スケッチツール3
直線コマンドをクリックします。


作成方法は2通りあります。

1.始点①をクリックして、終点②をクリック

2.始点①をドラッグして、終点②にドロップ


1 の方法で作成すると、次の直線の作成が自動的に開始します。

解除する方法は以下通りです。

◇マウスの左ボタンをダブルクリックする。

◇ESCキーを押す

◇右クリック → チェーン終了を選択

◇他のコマンドを作動させる




②.中心線

スケッチツール4


直線コマンドを開き中心線をクリックします。
スケッチ方法は直線コマンドと同じです。


中心線は、補助線や回転軸等として用いる線です。

よって、断面スケッチの中に存在しても、スケッチジオメトリ(外形線)とは認識されません。


スケッチツール5


スポンサーサイト
スポンサードリンク



テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

カテゴリ
スポンサードリンク
役立サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。